ひげ猫

ワンチャンもうつ病になるとかマジかいな・・・。人間の方は既に現代病と言われているうつ病ですね

ハデ猫

気使いで精神的に疲労しがちな部分が多いワンチャンたち。とくに遺伝子的に群れ生活に慣れていて孤独には弱いみたいです。それと生育環境やストレスの度合いのよっては人間と同様にうつ病にかかってしまうことも。今回はその原因・対策・予防法をリサーチしてみたよ

人間ではよく耳にする「うつ病」ですが、実はワンちゃんもうつ病を発症してしまう場合があることをご存知でしたでしょうか?

「犬なんだからそんな病気あり得ない」とお考えの方、そんなことはありません。
ワンちゃんにも気持ちがあります。

寂しさや不安は、ワンちゃんも感じる感情なのですよ。
そんなワンちゃんのうつ病について、ご紹介したいと思います。

犬のうつ病の原因

ワンちゃんがうつ病になってしまう原因には、以下のような理由が挙げられます。

いつも長時間お留守番をしている
日頃からあまり遊んであげない
可愛がっていない
飼い主がいつも機嫌が悪い
いつも家庭の雰囲気が悪い
環境が悪い

ワンちゃんの先祖は群れで暮らすオオカミです。
普段から大勢の群れの中で生活してきたので、寂しいのが苦手なのです。

猫とは違い、一人遊びも苦手なので、長時間飼い主と離れている寂しさからうつ病を発症してしまう場合があります。
また、ワンちゃんは人間のことを良く見ています。

飼い主が怒っていたり、家庭の雰囲気が悪いと、ワンちゃんはそれを察知します。
そして、少しずつストレスが溜まっていってしまうのです。

犬のうつ病チェックリスト

「ちょっと様子がおかしい」と思われている方は、ワンちゃんがうつ病なのかどうか、一度確認してみてください。

急に元気がなくなる
散歩を嫌がる
狭い場所に入って動かない
寂しそうに歩き回る
何時間も遠吠えする
飼い主に興味を示さない
食欲の低下
下痢
毛をむしる行為

これらの項目が一つでも当てはまったら、ワンちゃんの動向を気にしてあげましょう。
また、ストレスが溜まっている場合にも注意が必要です。

それが長く続いてしますと、うつ病の発症リスクが高まってしまうからです。
ワンちゃんのストレスのサインは、

無駄吠え
体の一部をなめ続ける
しっぽを追い掛け回す
同じ場所を行ったり来たりする
あくびを頻繁にする
トイレを失敗する
攻撃的になる
飼い主を避ける
飼い主に異常に甘える

です。

見分け方が難しいかもしれませんね。
ダメなところを探すのではなく、予防をすることが何より大切です。

「ちょっとおかしいな?」と思われたら、いつもよりたくさん遊んであげたり運動させてあげるなどしてあげると良いかもしれません。

これらの中でも要注意なのが、以下の項目です。

呼びかけに反応しない

今までは名前を呼べば喜んで来てくれたのに、最近は反応が薄かったり来てくれないという場合、少しうつ病の傾向があると思われます。

狭い所でうずくまる

ワンちゃんはもともと狭い場所や薄暗い場所が落ち着く生き物ですが、飼い主がいるそばから離れて狭い場所でうずくまっていたり、人を避けて隠れてしまったりする場合には、うつ病の恐れがあります。

食欲の低下

年齢によるものではなく、体調も問題ないのに食欲が落ちてしまっている場合にも、うつ病の可能性が考えられます。
うつ病になってしまうと、以前よりごはんを食べなくなったり、大好きだったおやつにも喜びを見せなくなってしまいます。

下痢気味

ワンちゃんのお腹は、人間が食べたら酷い腹痛に襲われるレベルの腐った食べ物を食べてしまっても、お腹を壊す事がないくらいに丈夫にできてます。

ですので、牛乳や異物の誤飲・誤食をしていないのにもかかわらず下痢をしてしまう場合、多くの原因は精神的なものなのではないかとされています。

毛をむしるなどの行為をする

自分の毛をむしり取ったり、足を血が出るまでなめ続けたりしている場合、うつ病の可能性が高いです。
酷い場合だと、前足を何度も噛んだり、地面に頭をこすりつけたりしてしまいます。

遠吠えを繰り返す

時間を問わずに何度も遠吠えをしている場合は、要注意です。
こうなってしまうと、飼い主の日常生活にも影響が出てしまいます。

該当項目が多くなるに連れて、うつ病の可能性は高いと言えます。
皆さんのワンちゃんはどうでしたでしょうか。

「ちょっと不安な点が・・・」という場合、ただちに病院で医師に相談してみましょう。
ワンちゃんはうつ病の独特な症状に悩まされており、ストレスを抱えています。

こうした変化に気付いてあげるのは、飼い主の役目ではないでしょうか。

犬のうつ病の予防

ワンちゃんがうつ病にならないために重要なことは、普段の生活です。
今一度、ワンちゃんにとって最適な環境を与えてあげられているのか、確認してみてください。

スキンシップをたっぷりと

ワンちゃんの名前を呼ぶ、一緒に遊ぶ、身体を撫でてあげるなど、普段からスキンシップを大切にするようにしましょう。

ワンちゃんは飼い主が大好きなので、これ以上の幸せな時間はありません。
お留守番の寂しさも、スキンシップを行うことで解消されます。

毎日お散歩へ連れていく

どんなワンちゃんでも運動が好きですので、毎日お散歩へ連れて行ってあげてください。

お散歩はストレス発散にもなりますし、ワンちゃんの痴呆・認知症の予防にも繋がります。
また、たまに違うコースを歩いてみるのも気分転換になっておすすめです。

新しい家族を迎える

寂しがり屋で、どうしてもお留守番が苦手なワンちゃんには、お友達としてもう1匹ワンちゃんを飼い始めることも検討されてみてはいかがでしょうか。

ワンちゃんはもともと群れで生活をしていた動物です。

なので、多頭飼いにすれば寂しさが半減します。
注意しなければいけないのは、相性が悪いと逆にストレスになってしまうということです。

また、子犬を迎える場合はどうしても子犬優先となってしまうかと思います。

そうすると先住犬は寂しさを感じてストレスが溜まってしまいますので、先住犬を優先するように気を付けてあげてください。

犬のうつ病が発覚したら

ワンちゃんがうつ病になってしまったら、飼い主のできることは何なのでしょうか。

こまめに外へ連れ出してあげる

犬種によって運動量は違ってきますが、こまめにお散歩へ連れて行ってあげてください。

働いていてどうしても帰りが遅くなってしまう場合も、出勤前や外出する前の数分をお散歩の時間に当ててあげるようにしましょう。

または、ベランダに少し出してあげたり、ゴミを出す際に一緒に外へ連れていくのも良いかと思われます。
大切なのは、外の空気を吸わせてあげることです。

お留守番が長いワンちゃんでも、少しでも外の空気を吸えばリフレッシュとなり、気持ちが軽くなるのです。

おやつなどで刺激を与えてあげる

ワンちゃんが空きそうなおやつを数種類用意してあげ、日替わりでお留守番の前後やご褒美として与えてあげてください。

毎日違うものならば飽きが来ず、自然とワクワクする気持ちを沸き立たせることができます。

人間でも毎日同じものを食べていたら飽きてしまいますよね。

うつ病のワンちゃんは特に、興味や関心が薄れてしまっていますので、このような小さなことから気を使ってあげると良いでしょう。

お留守番をさせるとき

ワンちゃんがうつ病になってしまう一番の原因に、お留守番があります。

毎日長時間お留守番をさせていると、寂しさから精神的な負担となってしまうのです。

しかしながら、四六時中そばにいてあげることは難しいと思います。
そこで、お留守番の際にできるストレス軽減方法をご紹介します。

テレビやラジオをつけておく

静かな部屋でお留守番をさせておくと、ワンちゃんは寂しくなってしまいます。
そこで役立つのは、テレビやラジオをつけておいてあげるという方法です。

ワンちゃんは何か音がしていると安心します。

飼い主は居ないけれど人の声が聞こえていれば、少しは気が紛れるかもしれません。

ちなみに、アメリカのサンディエゴでは、そんなワンちゃん向けの専用チャンネルがあるそうです。

さすがペット先進国はワンちゃんへの理解や配慮が違いますね。

音楽を流しておく

テレビやラジオと似ていますが、癒し系の音楽を流しておくとワンちゃんもリラックスできます。
オルゴールやヒーリングミュージックが好ましいでしょう。

人間でも同じですが、こういった音楽は心を穏やかにする効果があるのです。

落ち着く香りで部屋を満たしておく

ワンちゃんは嗅覚がとても過敏ですので、落ち着く香りを持つアロマなどが効果的と言えるでしょう。
ワンちゃんにでも使えるラベンダーなどのアロマを利用すると良いと思います。

ワンちゃんの中にはアロマなどの香りが苦手な子もいるので、そこは飼い主が注意してあげましょう。

ペットシッターを利用する

毎日長時間お留守番をさせてしまうことに罪悪感を感じてしまうのでしたら、ペットシッターがおすすめです。
ワンちゃんも日中は寂しくなく、飼い主も安心して外出することができます。

犬のうつ病の治療

ワンちゃんのうつ病の治療については、あまり研究が進んでいないのが現状です。
あまりに症状が酷い場合は向精神薬を飲ませる場合もあります。

一番大切なのは、うつ病の予防です。

大切なワンちゃんがうつ病を発症しないため、毎日たっぷり運動をさせてあげる・遊んであげるなどのコミュニケーションが最も大切となってきます。

お留守番をさせても、「必ず帰ってきてくれる」と安心させてあげなければなりません。
ワンちゃんは飼い主が全てで、飼い主の表情や声で感情を読み取ります。

私達が思っているよりも、ワンちゃんたちはそういったことに敏感なのだと理解してあげなくてはいけませんね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ワンちゃんも人間と同様に、心が不安定になるとうつ病を発症してしまいます。
大切なことは、うつ病の予防かと思います。

どんなに忙しくても、毎日ワンちゃんとたっぷりスキンシップを取り、コミュニケーションをしっかりと取ることでうつ病の発症リスクは格段に下がると言えるでしょう。

少しでも「様子がおかしいな?」と感じたら、試しにたくさん遊んであげたり、お散歩へ連れて行ってあげたりしてみてください。
ストレスが解消されれば、ワンちゃんの心も穏やかになります。

ワンちゃんは言葉を発することができないので、飼い主がしっかりと愛情を持って育ててあげることが何よりも重要だと思います。

スポンサーリンク