ひげ猫

ワンチャンにも血液型があるけど人間と比べてかなり複雑です

ハデ猫

最近はワンチャンのための輸血ドナー制度の整備も進んでいるようですね

人間にも血液型があるように、ワンちゃんにも血液型があります。

人間の場合、A型は几帳面などのような血液型別で性格が違うという話がありますが、ワンちゃんの場合はどうなのでしょうか。

今回は、そんなワンちゃんの血液型についてお話させていただきます。

犬の血液型の種類

ワンちゃんの血液型は、人間と比べて複雑で、まだ解明されていないことも多くあります。

人間でもワンちゃんでも、血液型の仕組みそのものは変わらないのですが、性質事態は全く違います。

人間の血液型は、A・B・O・AB型と分類されていますが、ワンちゃんの血液型は、DEA式(Dog Erythrocte Antigenの略)で表現されています。

そして、その種類も人間より多く、なんと13種類以上に分類されています。

日本ではそのうち、9種類の血液型が認められているようです。

具体的な種類としては、以下の通りです。

DEA1.1
DEA1.2
DEA3
DEA4
DEA5
DEA6
DEA7
DEA8

これに+か-かを付けて種類を判断します。

ワンちゃんの血液型は人間よりも多く、複雑であることが分かりますね。

犬の血液型は複数ある

ワンちゃんは、一匹に対して血液型を複数併存しています。

これも我々人間と違う大きな点ですね。

人間は4種類しかないのに対し、ワンちゃんの血液型の種類が多い上に複数併存できるとなると、確かにが複雑です。

未解明なことがまだまだ多いという理由は、ここにあったのですね。

犬は血液型で性格が違う?

人間には1人につき1つの血液型しかありませんが、上記でご説明したようにワンちゃんには複数の血液型が併存しています。

ですので、ワンちゃんの血液型と性格は無関係だと言えるでしょう。

ワンちゃんの性格は、生まれてから数週間の過ごし方によって影響を受けます。

これがもしも、血液型によって性格が変わるとすれば、ワンちゃんの性格はかなり複雑なものになってしまうことでしょう。

人間でも血液型で性格が違うのかと言われたらはっきりと言うことができませんが、人間もワンちゃんも環境が人格を育てるのです。

犬の血液型を調べるには

ワンちゃんの血液型を調べるためには、病院にお願いすれば簡単に調べることができます。

採決の量も少量ですので、貧血などの心配もありません。
結果は約10分たらずで判明します。

料金も1500円~3000円前後と、比較的リーズナブルに検査をすることができます。

というのも、一般の動物病院で行われる血液検査は、DEA1.1という血液が含まれているかどうかを調べるための簡易的なものだからです。

ですので、この簡易的なキットではワンちゃんの血液型を細かく断定することはできません。

もしも、詳しい血液型が知りたいといった場合は、検査機関に連絡をすると良いでしょう。

その際の時間は、1週間~10日ほどです。

料金は病院での価格とは異なり、10000円前後かかると見ておいたほうが良いでしょう。

急に輸血が必要になったら

例えば、ワンちゃんが怪我や手術に伴う大量出血などで輸血が必要になった場合、一体どうするのでしょうか。

人間の場合は血液型別に輸血を施しますよね。

ワンちゃんの場合は血液型が豊富にあり、しかも複数併存しているともなれば、一体どうするのか疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。

驚くことに、ワンちゃんの場合は血液型を一致させて輸血をするということは必要ありません。

それは、ワンちゃんはいくつかの血液型を併存しているので、他の血液型でも輸血が可能なのです。

しかし、まれに輸血によって抗原体反応という拒否反応を起こしてしまう場合があります。

これが、先ほど上記でご紹介したDEA1.1がある場合です。

ワンちゃんの血液の中にDEA1.1という血液が含まれている場合に引きおこります。

ですので、ワンちゃんの性格占いを血液型ですることはできませんが、血液検査をしておくことはいざという時のために必要なことになります。

いつどんなことが起こってしまうかは、私たちにも予知することができません。

ですので、念のために検査をしておくことも重要なことではないでしょうか。

ボランティアドナー

人間の場合は輸血を行える血液バンクがありますね。

しかし、現在の日本ではワンちゃんのための大きな血液バンクがありません。

ですが、動物病院単位や自治体規模でのボランティアドナーによる血液バンクがありますので、安心してください。

ご自宅のワンちゃんでも、ボランティアドナーになることができます。

他のワンちゃんを手助けできること以外にも、ドッグフードが無料で貰えたり、年に2回の無料身体検査や血液検査が受けられるなど、メリットが多くあります。

ですが、どのワンちゃんでもボランティアドナーになれるわけではありません。

持病がないこと
8歳未満であること
肥満体でないこと
感染症や寄生虫庄にかかっていないこと

などの条件があります。

これらの条件やメリットも、各病院や自治体によって様々です。

もしも興味がおありでしたら、施設へ確認するようお願いいたします。

犬用人工血液

中央大学理工学部と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究グループは、2016年に犬用の人工血液の合成と構造解析に成功したことをSCIENTIFIC REPORTSにて全世界に向け発表しました。

人工血液は長期保存が可能です。

しかも、血液型がありません。

そのため、血液適合検査を行う必要も献血ドナーを確保する必要もなくなったのです。

この人工血液が実用化されると、大量出血や貧血に対しての輸血療法に大きく貢献することになります。

現在は製薬会社と実用化に向けた協力体制をとっているようです。

人工血液が実用化されれば、いざという時にドナーが見つからないといった最悪の出来事にも対応することができますよね。

少しでも早く、実用化されることを願います。

犬の血液型を知っておくメリット

このように、ワンちゃんの血液型を調べることで安全に輸血を受けることができたり、逆に輸血の提供も行えるようになります。

また、DEA1.1型陽性で母犬がDEA1.1型陰性である子犬が、母犬の初乳を飲むことで起こる溶血反応を防ぐ、といったことへも繋がります。

血液型が分かっていれば、上記のような組み合わせの交配も未然に避けることができたり、子犬が産まれても人工の乳を与えるなどの対策ができるので、ワンちゃんを育てやすい環境になると言えます。

最後に

いかがでしたか?

ワンちゃんの血液型は人間とは違い、多くの種類があることが分かりましたね。

また、複数併存できるというワンちゃんの身体の仕組みも判明しました。

血液型占いで性格を判別することは残念ながらできませんが、ワンちゃんの血液型を知っておくことは、いざというときに大きなメリットになると言えるでしょう。

スポンサーリンク