ひげ猫

連日のように猛暑が続くと人間だけでなくワンチャンも熱中症になるのは当然

ハデ猫

言葉がしゃべれないワンチャンなので重症化しやすいです。特に水をかけるとか誤った対策をしがちなので注意が必要です

夏場の熱中症は今や人間だけの問題ではなく犬の発症事例も急増しています。

留守宅で、車内のキャリーバックで、日中の散歩でそしてトリミング中のドライヤーでと日々の生活でご身近にある物が発症の原因になります。

犬が一見で熱中症だとわかる素振りを見せるのは、症状が危険水域まで進行してからです。

基本的な知識を身に付け、熱中症のリスクを回避してあげるよう心掛けておきましょう。

■真夏のアスファルトの表面温度は熱中症の原因に

ペットを飼っている家庭では、夏は終日エアコンが稼働したままになることが当たり前といえるほどでしょう。

その為、犬達は夏の暑さを感じる事なく室内で快適に生活をする事が出来ています。

夏の暑い時期は散歩の時間を調整し、早朝、深夜に散歩をする、散歩の所要時間を短くするという家庭も多い事でしょう。

しかし実は飼い主が考えている以上に夏の暑さは厳しく、朝は日が昇った数時間後にはアスファルトが高温になっています。

アスファルトの表面温度は人間が感じる外気温を10度以上上回ることもあり、靴を履かずに歩く犬達にとっては非常に過酷なものです。

また夕方、日没後もアスファルトの表面温度が途端に下がるわけではありません。

犬がスムーズに歩けるほどまでに表面温度が下がるまでには、日没後5,6時間かかることもあるほどです。

つまり早朝、深夜でさえも十分にアスファルトの表面温度は下がっていないので、炎天下の昼間に散歩をしたり、観光に連れ出すことはどれだけのリスクがあるか想像するだけでも恐ろしくなる事でしょう。

犬は平常時でも人間よりも体温が2,3度高い動物です。

つまり人間以上に暑さで体温があがり熱中症になるリスクが高いのです。大型連休、夏休みと続き季節ではありますが、犬を連れた外出は熱中症のリスクを回避することを最優先に考えてあげましょう。

■トリミングで使用するドライヤーも熱中症のリスクがあります

小型犬、短毛種の犬種の場合、自宅浴室でシャンプーをし、家庭用ドライヤーで乾燥をするという方が多いでしょう。

実はこの手順も犬が熱中症になる危険がとても高く危険な行為です。

犬のシャンプーは小型犬であれば10分以内、中型犬でも15分以内を目処に終える事が望ましいとされています。

しかし自宅でシャンプーをする場合、何かと手間取り所要時間が長くなりがちです。

密閉状態にある浴室はシャワーの湿度で気温が上がり、犬は息苦しさを感じています。

その上、シャワーを浴びせているので余計に心拍数もあがり熱中症のリスクが高まっています。

シャンプーだけでも体温があがりつつある状態で、長時間のドライヤーを当ててしまうと途端に熱中症のリスクが高まります。

トリミングショップでは、業務用の大型ドライヤーを使用し、シャンプー後のドライヤー使用時間を最低限に短縮しています。

しかし家庭の場合、ドライヤーの風量が弱く、完全に乾燥をさせる為には所要時間を長くするという事になります。

中には小型犬のドライヤーに20分以上もの時間をかけるという事も珍しくないでしょう。

自宅でドライヤーを使用する際は

①犬の呼吸が早くなってきている
②舌を出して呼吸をしている
③目がうつろになっている
④ヨダレの量が多くなっている
⑤次第に脱力気味になっている

などの変化が見られる時はすぐにドライヤーを止め、涼しい場所に移動させ安静にさせましょう。

この時、水分摂取を促しても直ぐには飲まないものです。呼吸が整い、平静を取り戻すまでは無理に飲み水を強制する必要はありません。

■車に乗せる時は、キャリーバックの中にも熱中症対策を

大型連休、夏休み、お盆休みといった連休のタイミングで犬を連れて旅行や帰省をという事もあるでしょう。

最近では犬連れで利用可能な施設も増え、高速道路のサービスエリアにもドッグランが続々と開設されています。

このような背景を受け、犬を車に乗せ旅行や観光に出掛ける時は、キャリーバックの中にも十分な熱中症対策が必要です。

暑い車内で犬が熱中症になるというニュースが時折取り上げられています。観光地の動物病院には、遠方から到着した途端に犬を担ぎ込む飼い主さんも少なくありません。

この時、犬がキャリーバックの中にいたというケースが実は大半です。

長距離の移動でも車内はエアコンが効き、人間は快適に過ごすことができます。

しかしプラスチック製のキャリーバックは通気性が悪く、内部は犬の体温で想像以上に高温になっています。

高温なキャリーバックの中で十分な水分補給が出来ないまま長時間過ごすことで犬は熱中症を発症してしまうのです。

このようなリスクがあるという事は意外にも知られておらず、目的地でキャリーバックを開けた途端にその異変に驚くという飼い主さんが多いのです。

このようなトラブルが生じては、せっかくの犬連れ旅行も決して楽しい思い出にはならないでしょう。

犬を連れて旅行やドライブに出かける時は、

①通気性のよいキャリーバックを用意する
②車内でキャリーバックに直射日光が当たらないように注意する
③短時間であっても、エンジンを切った車内に犬を放置しない
④こまめに休憩をとり、都度犬をキャリーバックから出し、トイレや軽い運動をさせる

また、キャリーバック専用の小型扇風機を設置する、保冷材をキャリーバック内に張り付けるという方法も熱中症対策としては効果があります。

■意外に多い誤った熱中症対策

犬の熱中症の危険性が高まる中で、飼い主が誤った熱中症対策を講じてしまうケースが増えています。

誤った対策はより熱中症のリスクを高め、早期発見が出来なければ命の危険さえ伴います。

熱中症には正しい知識を持ち、リスクを回避することが大切です。

間違った対策の一例は

①犬の体を水で濡らす
②プールや水風呂に入れる
③扇風機の風を犬のハウス(ケージ)に直接当てておく

などです。

中でも、屋外で飼育している犬の場合、暑さ対策にと水で全身を濡らすという事があります。

この方法は水を掛けている最中や直後は犬も喜ぶことがありますが、その後湿った被毛で体群れ、熱がこもりかえって負担が掛かります。

水で体を濡らす時はその後涼しい場所でゆっくりと休むことができるように環境を整えてあげることが必要です

。またイベントやレジャー、自宅の庭で犬をプールに入れ、水遊びをさせる時も同様です。蒸れたままの被毛はかえって犬の体に負担を掛けるという事を覚えておきましょう。

犬には人間同様の汗腺がありません。

体の中で唯一体温調整が出来る部位は足裏です。水風呂やプールに入れるという事は、この汗腺をふさぎ、体温調整機能を遮断してしまうことになります。

水の中に浸かっている時間は短時間ずつ、都度休憩をさせ、犬が嫌がる場合は決して無理強いをしてはいけません。

夏の海岸で元気に水遊びをしている犬達も同様です。

水遊びが終わった後は、涼しい場所でゆっくりと過ごさせる、低温のドライヤーで体を乾かすなどのケアをしてあげましょう。

決して濡れた体のままキャリーケースに入れ、車内に乗せてはいけません。

帰宅途中の車内で蒸れた体が原因で体調を崩すこともあるので、こまめに休憩をとり愛犬の様子を確認してあげましょう。

■暑さ対策に水分接取をと思っても思い通りにはいきません

人間の熱中症対策といえばこまめな水分補給です。

犬にも同様にこまめに水分接取をさせようと思っても、なかなか飲んでくれないと困り果ててしまうことがあります。

犬が暑さを感じ、呼吸が早まる、舌を出して呼吸をしているという状況の時は、目の前に水を入れた器を置いても進んで水分を摂取しようとはしません。

これは犬がまずは呼吸を整え、体温を下げる事を優先させているサインですから、無理強いをしてはいけません。
このような時、スムーズに愛犬に水分接取をさせるには

①水に少量の糖分を溶かし飲ませる

(スポーツ飲料、ぶどう糖、犬用粉ミルクなど少量の糖分で風味をつけると、犬の食欲が刺激され、自ら進んで水分接取をしてくれるようになります)

②食パンに水を十分含ませ、食べさせる

(水そのものは飲まなくても、食パンなどを浸すと意外にも喜んで食べてくれます。大切なことはどのような形であれ水分を摂取することと考えて工夫をしてみましょう)

このような方法はとても簡単で、いざという時にとても役立つ工夫です。愛犬を連れて外出や旅行をする時は、万が一のことを考え少量の犬用粉ミルクやパンを携帯しておくと安心です。

軽度の熱中症であれば、すぐに水分を摂取させ、涼しい場所で安静に休ませることで回復に向かいます。

この時、動物病院へ救急搬送をすべきか、応急処置で済ませる事が出来るのか判断に迷うものです。判断の決め手は、

①食欲がある

(ミルクや糖分を添加した水分、水に浸したパンなどを進んで食べる事が出来る)

②足腰がしっかりとしている

(ふらつきがある、自力で立ち上がることができない場合は、すぐに最寄りの動物病院へ連れて行く必要があります)

③舌が口の中に納まっている

(重度の熱中症の場合、舌が完全に口の中から出てしまい横に垂れ下がるようになります。舌を出し入れする、口を大きく開けて早いペースで呼吸をしているなど、舌も熱中症のお症状を判断するバロメーターになります)

愛犬の異変に気がつき、応急処置が必要な時は「保冷材」や「氷」「水」の確保を考えましょう。

これらを速やかに入手し、愛犬の体を冷やしてあげます。愛犬が横たわってしまっているときは脇、内股、首回りを重点的に冷やします。

愛犬が立ち上がっている、氷や保冷材の感触を嫌がる時は、全身に水をかけ、うちわであおぐなどの方法で急速に体温を冷やしてあげると効果的です。

■まとめ

熱中症のリスクが高まる期間は犬の場合、人間よりも前後一カ月ほど長い期間になります。

愛犬を連れた外出や旅行には十分な備えと万が一の時の応急処置の方法を覚えておきましょう。

自宅で留守番をさせる時も、エアコンの誤作動が起こらないようにしっかりと設定内容を確認したうえで外出をするよう心がけておきましょう。

スポンサーリンク