ひげ猫

愛犬でも口が臭かったらあんまり顔とか舐めるのやめてほしいよね

ハデ猫

臭すぎる口臭の原因の特定。ワンチャンの歯磨きの方法など簡単にできるケアを中心にまとめてみましたよ

ワンちゃんの口臭について気になったことはありませんか?

口臭がきつくなるようなものを食べさせた記憶もない場合、何が原因なのか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな皆さまに向けて、ワンちゃんの口臭の問題についてご紹介させていただきます。

是非参考にしてみてくださいね。

犬の口臭が魚臭い原因

ワンちゃんの口臭が魚臭いと感じる方は多いのではないかと思います。

また、口臭が酷いと、何かの病気なのではないかと心配になってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

心配になってしまう気持ちも分かりますが、まずは臭いの原因を知る必要があります。

ドッグフードが酸化している

酸化したドッグフードや、新鮮さを失ったドッグフードを与えていると、それが原因で口臭が酷くなってしまう場合があります。

保存方法が悪かったり、開封してから時間が経っていたりすると、酸化の原因になります。

また、ワンちゃんが食べ終わるまでドッグフードを容器に入れっぱなしにして置いておくと、フードが酸化してしまい新鮮さを失ってしまいます。

これらを防ぐためには、ワンちゃんのドッグフードを密閉された容器で保存する必要があります。

また、ドッグフードは開封してから1ヶ月以内に食べきれるだけの量を購入することをおすすめします。

ドッグフードを切り替えたら口臭が改善されることもあるようなので、今一度確認してみても良いかもしれません。

スポンサーリンク

歯石が溜まっている

ワンちゃんの歯のお手入れはしていますか?

人間と同じように、ワンちゃんにも歯の手入れが必要です。

歯に歯石が溜まっていると、魚臭い口臭を発してしまうことがあります。

また、歯石が口臭が酷くなるだけではなく、歯周病や歯槽膿漏などの病気になってしまう恐れもあります。

歯石が溜まらないようにするには、人間同様に歯磨きを習慣づけると良いでしょう。

ワンちゃんが歯磨きを嫌がる場合は、歯磨き効果のあるおもちゃやガムを与えてあげると良いです。

歯のお手入れをきちんと行うことで、口臭が改善するかもしれませんので、是非お試しください。

もし、ワンちゃんに歯石がある場合は、動物病院に相談すれば取り除いてもらえますので、一度相談するのも良いかもしれませんね。

肝臓の病気

ワンちゃんの口臭が酷い原因には、肝臓疾患の可能性もぬぐい切れません。

肝臓疾患によって肝機能が低下すると、口臭が匂う他にも

体重の減少
食欲の低下
頻尿
下痢
嘔吐
便秘

などの症状がありますので、合わせてチェックしてみてください。

特に注意が必要なのは、口臭がアンモニア臭い場合です。

ワンちゃんの口臭の他にこのような症状がないか、今一度確認をしてみてください。

腸内環境の変化

人間でも同じことがよくありますが、胃腸の調子が悪い場合にも口臭が酷くなる場合があります。

ワンちゃんの場合は、特にシニア犬になるとこの可能性が大きいようです。

老いると消化能力が低下し、腸内環境も悪化しやすくなるためです。

また、腸内環境が悪化してしまうと、食欲不振となってしまい、老化を早めてしまうこともあります。

日頃から、ワンちゃんのお腹を労わってあげることも大切ですね。

消化の良いドッグフードに変更することも、検討してみてはいかがでしょうか。

歯周病

歯周病は悪化すると、歯周病菌が血液を介して全身に広がってしまい、心臓や腎臓などの内臓疾患を引き起こしてしまう恐れのある病気でもあります。

治療方法としては、まだ症状が軽い場合は歯みがきをしてあげることで改善します。

歯周病が進行してしまっている場合は、歯石除去手術が必要となるでしょう。

もしくは、抜歯を行う場合もあります。

歯周病は歯の病気ではありますが、悪化するとワンちゃんの身体を蝕む恐ろしい病気です。

歯周病になってしまったら早めに治療を受けるようにしてあげてください。

そして、何より大切なのは歯周病にならないように予防をしてあげることです。

毎日の歯のケアをしてあげるようにすると良いでしょう。

犬の口臭予防

ワンちゃんの口臭を予防するためには、歯のケアが大切です。

正しい歯みがき方法やその他の口臭対策をご紹介しますので、実践してみてくださいね。

歯みがきの仕方

ワンちゃんの歯みがきには、犬用歯ブラシを使用します。

歯磨き粉もワンちゃん専用のものを使用してください。

まずは、ワンちゃんがリラックスできるように膝の上で抱っこをしたり、隣に座りましょう。

この時、ワンちゃんのことは飼い主と同じ方向に向かせてください。

歯ブラシはペンを持つ時のように軽く持ちましょう。

力をあまり入れずに持つのがポイントです。

歯みがきの順番は、前歯から少しずつ奥歯へと、横に小刻みに磨いていきます。

歯の裏側や歯と歯の歯茎の間にも歯石が溜まりやすいので、忘れずに磨いてあげましょう。

歯ブラシが苦手なワンちゃんには、ガーゼを指に巻いて同じ要領で磨いてあげてください。

また、歯磨き粉を使用しない場合は、歯ブラシやガーゼを少し湿らせてあげてから磨くと良いです。

ワンちゃんの歯みがきで気を付けていただきたいのは、時間をかけすぎてワンちゃんにストレスを与えてしまわないようにすることです。

ワンちゃんに歯みがきをする際には、歯磨きは楽しいことであると認識させてあげると良いでしょう。

口を触られるのが嫌なワンちゃんは、まずは口を触られることは嫌なことじゃないということから始めてあげてください。
それに慣れてきたら、歯ブラシのにおいを嗅がせたり触らせたりして、安全なものであるということを覚えさせましょう。

歯みがき効果のあるおもちゃやガム

ワンちゃんは本来、動物の肉や骨を食べる過程で口の中の汚れや食べカスを落とします。

ですので、歯磨きが苦手なワンちゃんには歯みがき効果のあるおもちゃやガムを与えてあげると良いでしょう。

現在では種類も豊富に販売されていますので、ワンちゃんに合ったものを選んであげられるかと思います。

スプレー

ワンちゃん用の歯みがきと同様に、口臭対策用のスプレーも販売されています。

中には、歯石除去効果のあるスプレーもあり、その種類は様々です。

ワンちゃんの様子を見ながら、最適なものを使用してあげると良いと思います。
こちらの方法は、歯みがきや歯石除去の施術よりもワンちゃんがストレスを感じにくいので、とてもおすすめな方法です。

ヨーグルトが口臭対策に?

ワンちゃんの口臭予防として、ヨーグルトも最適です。

ヨーグルトは、ワンちゃんの口臭の原因となる細菌をやっつけてくれる効果があるのです。

この方法は即効性があるものではありませんが、毎日行うことで口臭を改善したり、口臭が酷くなることへの予防対策となります。

ヨーグルトをワンちゃんへ与える際は、

無糖のヨーグルトを使用すること
食後や寝る前にカレースプーン1杯分程度のヨーグルトを与える
食べてから20分間は水を飲ませない

ということを守って、与えてあげてください。

無糖であることが一番重要なポイントですね。
ワンちゃんの様子を見ながら、気を付けて与えてあげるようにしてください。

ハンドスケーリング

麻酔をかけずに歯石を除去する方法です。

この方法は、動物病院で行ってもらうことができます。

ハンドスケーリングは麻酔をかけずに行うので、どのワンちゃんにも負担をかけずに行うことができます。

ですが、麻酔をかけないがゆえに完全に歯石を取り除くことはできません。

麻酔を使うスケーリング

この方法では麻酔を使ってスケーリングを行うので、全ての歯石をきれいに取り除くことができます。

デメリットとしては、麻酔のリスクがあることです。

術前には血液検査を受ける必要もあります。

また、持病があるワンちゃんやシニア犬ですと、麻酔のリスクのほうが高まってしまうため、施術が受けられない場合もあります。

最後に

いかがでしたでしょうか。

ワンちゃんの口臭には、原因があることが分かりましたね。

一つずつ項目をチェックしていき、何が原因か突き止めた上で対策方法を実践してみてください。

また、口臭がしない場合でもお口のケアは大切なことです。

ワンちゃん用の歯みがきや、歯石ケアを今一度見直してみるのも良いかもしれませんね。

是非、今回の記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク