ひげ猫

室内犬だと人間が食べているお刺身に興味を示すことが多いですね

ハデ猫

あげてはいけないお魚の紹介、あげる時の与え方。食べていい魚を使ったおススメレシピを紹介しますね

現在、手作りフードが愛犬家の間で流行していますね。

その中でも、日本人の大好きなお刺身はワンちゃんに与えても大丈夫なのかどうか、疑問に感じたことはありませんか?

今回は、そんな犬と刺身についてご紹介していきます。

犬に刺身を与えても大丈夫?

結論から言うと、与えても問題ありません。

ただし、きちんと処理されているものに限りますので、注意が必要です。

ワンちゃんの先祖はオオカミです。

オオカミは肉食動物であり、もともと生の肉からたんぱく質を得て生活してきました。

ですので、生肉を与えることはワンちゃんにとってむしろ犬本来の食事に近く、良いことです。

しかし、魚肉に関しては一概にも言い切れない部分があります。

それは、ワンちゃんが魚介類の消化があまり得意ではないことが理由です。

与えても問題はありませんが、処理が正しくされているか・与え過ぎてはいないかを注意してあげなければいけません。

魚介類全てが与えても良いという訳ではありません。

鮭
川魚
貝類
甲殻類
などの魚介類は避けたほうが良いでしょう。

与える際に注意したいポイントとしては、その量です。

美味しそうに食べている姿を見ると、ついつい与えすぎてしまうかもしれませんが、お刺身は大量に与えすぎると下痢や嘔吐を招く場合があります。

与える際はそのままの大きさではなく、ワンちゃんに合わせて小さく切ってあげることや、少量をドッグフードに混ぜてあげるなどの配慮が必要です。

お刺身の消化が苦手なようであれば、火を通してほぐしてあげると、より安心です。

お刺身を与える際は、ワンちゃんの様子を見ながら適切な量を与えてあげてください。

スポンサーリンク

与えても安心なお刺身

ワンちゃんにとって比較的安心・安全なお刺身は、
マグロ
ブリ
タイ
カンパチ
ひらめ
カレイ

などです。

これらのお刺身は安心して与えることができますが、人間が食べる量ほどを与えてしまうとお腹をこわしてしまいますので注意しましょう。

ワンちゃんによっては、お刺身を受け付けないタイプの子もいます。
初めて与える際には少量にし、その後のワンちゃんの様子に変わりはないか観察するようにしてあげてください。

与える際に注意したいお刺身

お刺身はワンちゃんにとって比較的安心・安全な食べ物です。

しかし、上記でご紹介した以外にも気を付けなければいけない種類があります。
特に注意が必要なのは、

イカ
カニ
エビ

などの魚介類です。

これらは、得に消化がしにくいものなので、食べ過ぎるとワンちゃんは消化不良を引き起こしてしまう場合があるので要注意です。

生の魚介類にはチアミナーゼという酵素が含まれています。

チアミナーゼは、ビタミンB1の吸収を阻害する働きがあります。

これによって、人間より身体の小さいワンちゃんが毎日お刺身を食べてしまうと、脚気のような症状を引き起こす恐れがあるのです。

絶対に与えてはいけないものではありませんが、たくさんの量を与えてしまうということは避けたほうが良さそうです。

そして、魚介類の中でも鮭やニジマスなどのマス科の魚は、ワンちゃんには要注意の食材です。

これらの魚には感染症を引き起こすリケッチア細菌やアニサキスなどの寄生虫の心配があります。

人間用に処理されたものでしたら問題ありませんが、加熱用の生魚をワンちゃんが食べてしまうと非常に危険です。

鮭中毒について

生の鮭や川魚をワンちゃんに食べさせてしまうと、中毒を起こす恐れがあります。

主な症状は、
嘔吐
下痢
発熱
衰弱
リンパ節腫大

などがあります。
食後に治療を施さなかった場合は、通常2週間以内に死亡してしまうという、とても恐ろしい中毒なのです。

これらの魚介類は、加熱して与えてあげれば安心して与えても良いのですが、生魚の場合は要注意です。

何度も言うようですが、与えすぎはワンちゃんにとって負担となってしまいますので、注意してあげてくださいね。

また、ワンちゃんと川へ遊びに行く際には、間違えて食べてしまわないように良く見ていてあげてくださいね。

犬にお刺身を与える際のポイント

では、これまでのおさらいとして、お刺身をワンちゃんへ与えるさいのポイントを振り返ってみましょう。

1.生では与えず、火を通すようにする

生魚の場合は、ワンちゃんが消化不良になってしまう可能性があります。
また、先ほどご紹介したように、中毒の危険性がある魚もあります。

生でも問題がない種類を除いて、なるべく火を通してから与えてあげると安心だと言えるでしょう。

2.鮮度の悪いものは避ける

これは魚に限らず全ての食材に言えることですね。

鮮度の落ちた食材をワンちゃんに与えてしまうと、下痢や嘔吐・お腹をこわしてしまう原因になりますので、注意が必要です。

3.小骨を取り除くなど、正しく処理を行う
骨が残っている場合は、ワンちゃんに与えてしまうと喉に刺さってしまう場合があり危険です。

正しく処理されている魚のみを与えてあげるようにしましょう。

4.ワンちゃんに合わせて小さくカットしてあげる

人間が食べる大きさのままだと大きすぎてしまいますので、細かくカットしてあげることをおすすめします。
これは、消化にも影響することです。

「大型犬だし大丈夫」と思わず、小さく切って与えてあげてください。

5.食べた後に下痢や嘔吐をした場合は、与えるのを控える

ワンちゃんに合う合わないは、ワンちゃんそれぞれで違います。
様子を見ながら少しずつ与えるようにしましょう。

犬にお刺身を与える際の適量

お刺身はワンちゃんに与えすぎないようお伝えしてきましたが、具体的にどの程度の量を与えて良いのか見ていきましょう。

5キロのワンちゃん:30グラム
10キロのワンちゃん:50グラム
20キロのワンちゃん:90グラム

5キロのワンちゃんで、お刺身一切れ分ぐらいが適量となります。
当たり前ですが、ワサビや醤油はつけずに与えるようにしてください。

お刺身おすすめレシピ

お刺身を使ったワンちゃん用のレシピがありますので、ご紹介いたします。

可愛いワンちゃんのために作ってみてはいかがでしょうか。

<カツオとトマトのおじや>

材料
刺身用カツオ:適量
ミニトマト:適量
ごはん:少々
豆乳:適量

作り方

1.トマトを適当にきざみ、トマトおじやにて冷まし、豆乳を入れます。
2.人間用のカツオの刺身の血合い部分、端っこを適当にカットしてフライパンで素焼きにします。半生くらいで火を止めます。
3.2のカツオから脂で出るので脂ごと1に入れ、カツオが細切れにならない程度に混ぜ、完成です。

<ブリチャーハン>

材料
ブリ:30g
キャベツ:5g
ピーマン:10g
にんじん:10g
トマト:10g
ごはん:25g

作り方
1.材料を小さめに刻みます。
2.ごま油をフライパンにたらし、 細かく切ったぶりを炒める。
3.ぶりに続いて、野菜を炒め、 火を通ったらご飯を入れて炒める。
4.最後にかつおぶしをかけ、ひとまぜしたら出来上がり。冷めてからわんちゃんにあげてください。

<お魚ステーキ>

材料
カジキ:適量
お好みの煮野菜:適量
おじや:適量
黒豆:適量
オリーブ油:少々

作り方
1.カジキをオリーヴ油で、焼きます
2.ご飯と黒豆(素炒りのもの)を合わせておじやを作ります

3.お好みの煮野菜と黒豆おじやの上に、デン!とお魚ステーキを^^

どれも人間が食べても美味しそうなレシピですね。

あまり物を活用したい方やお刺身を与えてみたいといった方におすすめのレシピですので、是非お試しください。

最後に

いかがでしたでしょうか。

ワンちゃんにとってお刺身は食べても大丈夫である食材だということが分かりました。

しかし、生魚の場合は危険性が高まります。

鮭や川魚は、生のままで与えてしまうと非常に危険な中毒を引き起こしてしまうことも分かりました。

お刺身に関しては、火を通すか茹でるかをしてから与えたほうが、安心・安全であると言えます。

これらのことを十分理解した上で、ワンちゃんへお刺身を与えてあげると良いですね。

スポンサーリンク