ひげ猫

自宅でワンチャンをお風呂に入れるのは大変。嫌がるし乾かすのも大変ですからね。

ハデ猫

どれくらいの頻度洗うべきなのか?お風呂の入れ方乾かし方を解説してみたよ

人間と同じようにワンちゃんもお風呂に入れてあげないといけません。

でないと、体臭が酷くなったり、フケが出てきたりしてしまいます。

さて、みなさんはワンちゃんをお風呂に入れる頻度はどのぐらいでしょうか。

あまり頻繁に入れてはいけないと良く耳にしますが、果たして真相は一体どうなのか、気にはなりませんか?

今回はワンちゃんとお風呂についてご紹介したいと思います。

犬をお風呂に入れる理想的な頻度とは

ワンちゃんをお風呂に入れる回数は、飼い主次第で様々だと思いますが、実際のところはどの程度の頻度が好ましいのでしょうか。

ベストな回数は月に1、2回

ワンちゃんのお風呂の回数は、シャンプーを使用する場合だと月に1、2回程度が最適です。

その理由は、ワンちゃんの肌にあります。

ワンちゃんの皮膚は、人の皮膚の20~30%ほどの厚さしかなく、とてもデリケートです。

お肌が敏感なので、頻繁なシャンプーは肌を痛めてしまいます。

肌を傷めてしまうと、肌荒れなどのトラブルをまねく可能性があります。

当たり前のことですが、人間用のシャンプーを使用してしまうと刺激が強すぎて皮膚が荒れてしまいますので、使わないようにしてください。

また、頻繁にシャンプーをすることで、汚れだけではなくワンちゃんの被毛に必要な油分を洗い流してしまいます。

油分が減ってしまうと被毛の傷みにも繋がることになり、毛並みが悪くなってしまう原因にもなるのです。

シャンプーを使用しない場合でも、汚れが気にならないのであれば月に1、2回程度お風呂へ入れてあげれば十分です。

スポンサーリンク

室内犬の場合と屋外犬の場合

とは言うものの、ワンちゃんの匂いや外出時の汚れなどは気になってしまいますし、ワンちゃんのことを清潔に保ってあげたいというお気持ちも分かります。

その場合は、月に数回以上お風呂へ入れても大丈夫です。

絶対に月に1、2回しか入れてはいけないということではないので、ワンちゃんが汚れたと思ったタイミングできれいにしてあげてください。

ただ、毎日お風呂に入れたり、2~3日置きのペースでなどでは多すぎてしまいます。

ひどい汚れでない場合は、濡れたタオルで身体を拭いてあげる程度にするなどして、毎日のシャンプーは避けてあげてください。

だいたいの目安として、室内犬は汚れにくいため、お風呂の頻度は2週間に1回程度が良さそうです。

屋外犬の場合は週に1回くらいを目途にしましょう。

犬のお風呂の入れ方

ワンちゃんをお風呂に入れる際、生後6ヵ月未満のパピー犬と成犬とでは入れ方が少し異なります。

お風呂嫌いにならないように、ワンちゃんの負担を少なくさせる入浴方法をご紹介します。

お風呂の準備

用意するのもは、以下の通りです。

バスタブ
温水の出るシャワー
スリッカー
犬用シャンプー
タオル
ドライヤー

その他に、ティッシュペーパーがあると便利かと思います。

まずは、ワンちゃんの体系に合わせてバスタブを用意してあげましょう。

ペット専用のバスタブか、人間が使用するバスタブでも問題ありません。

小型犬ですと洗面器でも良いかもしれません。

リラックスできるように、ワンちゃんに合ったバスタブを選んであげてください。

お風呂へ入れる際には、

湯船につかる
シャンプーで洗う
シャワーで流す

という順番で行ってあげると、ワンちゃんは安心します。

というのも、ワンちゃんにとってこれらは別々のことで、新しい刺激が一度に起こってしまうと警戒体制に入ってしまうからです。

お湯の温度

ワンちゃんが入浴する際に最適な温度は、子犬の場合は人間が程よく気持ちの良い35度前後にしてあげましょう。

成犬の場合は30度前後が好ましいです。

あまり暑すぎると火傷をしてしまったり、のぼせてしまう可能性があるので、注意が必要です。

お湯に慣れさせる
上記のように、ワンちゃんはいきなり全部のことを進行されてしまうと驚いてしまいます。

ですので、湯船へつかる前にも配慮が必要です。

まずは用意したバスタブからお湯を手ですくってかけてあげましょう。

慣れてきた様子が見えたら、入浴させます。

長湯はしないように、10分前後で出してあげてください。

シャンプーの仕方

ワンちゃんのシャンプーのポイントは3つあります。

1つ目は、シャンプーの前にブラッシングをしてあげることです。

毛のもつれはシャンプーの妨げになるので、毛並みを整えてから行うと手間が省けます。

2つ目は、身体全体をお湯で濡らしてあげることです。

しっかりと濡らしてあげることで全身の汚れを洗い流すことができ、シャンプーも良く泡立ちます。

3つ目は、洗う順番と流す順番です。

顔にシャンプーがついている時間を極力短くしてあげることが大切です。

ですので、シャンプーをする際にはお尻から後ろ足、背中、胸、前足、顔という順で洗ってあげると良いでしょう。
洗い流す際はその逆で行います。

ワンちゃんがシャワーの音に驚いてしまわないよう、シャワーヘッドを手で押さえて流してあげると良いですね。

しっかり乾かしてあげましょう

お風呂が終わったら、まずはタオルで全身の水分をしっかりと拭き取ってあげてください。

その後、ドライヤーで毛を乾かしていきます。

自然乾燥は絶対にしないようにしてください。

ワンちゃんは毛が密集しているので、しっかりと乾かさないと湿気でばい菌が繁殖してしまいます。

細菌は濡れた場所で繁殖してしまうので、半渇き状態の雑巾やタオルを放置した状態と同じなのです。

この際、ドライヤーの風速は最も弱くし、遠くから当てて乾かすようにしてあげましょう。

ワンちゃんは色々なことに過敏ですので、少しでもストレスを軽減してあげるようにしてください。

また、小さい頃からお風呂に慣れさせておくことで、入浴しやすくなります。

子犬の場合

パピー犬は、生後3ヵ月を過ぎてからシャワーを浴びせられます。

まずは湯船につかることに慣れさせて、次にシャワーです。

生後4ヵ月を過ぎれば、いよいよシャンプーができるようになります。

パピー犬をお風呂に慣れさせるには、順番と時期がポイントとなります。

シャワーに慣れさせてからシャンプーを始める、という順に慣れさせてあげてください。

長髪のワンちゃんの場合

毛の長いワンちゃんの場合は、お風呂で洗うとかなり抜け毛が出ます。

ですので、濡らす前には入念にブラッシングをしてあげましょう。

洗い終わったあとも、ドライングとフラッシングを念入りに行ってあげなければいけません。

犬はお風呂が嫌い?

ワンちゃんの中にはお風呂が嫌いな子もいますよね。

その理由は、自分のにおいが消えてしまうことにあるかもしれません。

ワンちゃんは自分のにおいでアピールをする生き物ですので、そのにおいが無くなってしまうのが嫌なのです。

もしくは、シャンプーの香りが強すぎるといったことも考えられます。

その場合は無香料のシャンプーにするなどして様子を見てみましょう。

ワンちゃんをお風呂に入れることが大変なことにならないためにも、子犬の頃から習慣づけさせることも大切です。

足場を安定させてあげましょう

お風呂の足場はツルツルとしている場合が多いかと思います。

ワンちゃんが滑らないように、すのこなどを敷いてあげると良いかと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。

ワンちゃんのお風呂の回数は人間よりも少なくて良く、洗いすぎてしまうことはワンちゃんの皮膚を傷つけてしまうということが分かりました。

頻繁にお風呂に入れているという方は、改めたほうが良いかもしれませんね。

または、シャンプーを控えてシャワーで流す程度にしたり、濡れタオルで拭きとるぐらいにしておくと良いかもしれませんね。

ワンちゃんの入浴方法などもご一緒に紹介しましたので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク