ひげ猫

室内犬だと飼い主や来客からもらい食いをすることも多いですね。ついついほしそうにしててあげてしまうことも。

ハデ猫

間違ってチョコを食べたら、とにかく「吐かせる」こと。チョコは犬にとって毒でしかありません

ワンちゃんに人間の食べ物をあまり与えてはいけない、という話はよく耳にしますね。

では、チョコレートはどうでしょうか。

人間にとって美味しいチョコレートですが、ワンちゃんに与えても大丈夫なのか、真相を調べてみました。

犬にチョコレートを与えてはいけません

ワンちゃんにとってチョコレートは毒になります。

中毒症状を引き起こしてしまう場合もあるので、注意が必要なのです。

主な中毒の初期症状としては、

多尿
下痢
嘔吐
興奮
抑うつ
神経衰弱
運動失調
口渇(口の中が渇いて水分を欲しがる状態)

などが挙げられます。

さらに中毒が進むと、筋肉痙攣を起こしてしまい、呼吸困難や不整脈という症状が現れます。

最終的には痙攣、麻痺し、死に至ることもあるのです。

誤ってチョコレートを食べてしまった時は、状態をよく観察し、症状が現れたらすぐに病院へ連れて行ってあげてください。

スポンサーリンク

チョコレートで犬が中毒になる量と、命に係わる量はどれくらいか

中毒を引き起こしてしまうのには、カカオに含まれるテオブロミンと呼ばれる物質の摂取量で決まります。

このテオブロミンが中枢神経や心臓へ作用するのです。

一般的には、体重1kgあたり50mg~100mgで中毒症状がおこります。

そして、250mg~500mgと約5倍以上増えると、50%の確率で死に至ると言われているのです。

テオブロミンの量はチョコレートの種類によって異なります。

カカオの量がそのままテオブロミンの量と比例しますので、ワンちゃんが万が一チョコレートを食べてしまった場合は、カカオが何%のチョコレートなのかを確認しましょう。

ちなみに、小型犬5kgではミルクチョコ2枚とビターチョコ3/4枚で中毒症状が起こります。

中型犬15kgではミルクチョコ6枚とビターチョコ2枚、大型犬30kgではミルクチョコ11枚とビターチョコ4枚で中毒症状が起こってしまうと言われています。

欠片を食べたくらいでは中毒にはならないということですね。

しかし、誤って欠片を食べてしまった場合でも注意が必要です。

チョコレートが吸収される6時間~8時間後からは中毒症状が起こらないか様子を見てあげるようにしてください。

また、少量でも必ず病院で診察し、吐かせる処置をとるようにしましょう。

そして、ミルクチョコレート一片で死んでしまうという事はほぼありませんが、個体差というものがあります。

同じ体重のワンちゃんでも、症状が強くあらわれるワンちゃんとそうでないワンちゃんとがいます。

念のため数日間は症状が出ないか観察しておいたほうが良さそうです。

もしも犬がチョコを食べてしまった場合の応急処置

一番有効な手段は、チョコレートを吐かせることです。

病院へ行き獣医に任せるのが良いのですが、深夜などの病院が閉まっている時間帯に事故が起こってしまったら応急処置をするしかありません。

緊急の際にできる応急処置をお教えしますので、参考にしてみてください。

食塩を飲ませる

食塩をワンちゃんに飲ませて、大量に水を飲むことを促して吐かせる方法です。

食塩の量は、スプーン1~7杯分です。

手に乗せれば勝手に食べるはずですので、そのまま与えてあげてください。

オキシドールを飲ませる

薄めたオキシドール(過酸化水素水)を飲ませ、胃内に酸素を発生させ、そして吐かせるのです。

オキシドールは薬局などで買うことができます。

オキシドールの量の目安は、体重5kgに対して1ccです。

ワンちゃんの口の端っこからスポイトなどで注ぎ、手で口を塞いで上を向かせと飲ませることができます。

排泄させる

吐かせるよりもワンちゃんに苦痛を与えない方法として、すみやかに排泄させるという方法もあります。

テオブロミンを体が吸収する前に、蒸かしたサツマイモや白米などの水分や食物繊維が豊富な食べ物を与え、排泄を促してあげるのです。

様子を見て経過を観察する

チョコレートの誤食は非常に多いです。

誤ってワンちゃんがチョコレートを食べてしまった場合、経過を観察して様子を見ましょう。

一番はすぐに病院へ連れて行ってあげれば確実ですが、深夜だった場合や小さな欠片を食べてしまったというような中毒症状の可能性が少ない場合は、様子を見ても良いでしょう。

数日たっても中毒症状が現れなかったら、ほぼ心配はないと言えます。

犬のチョコレートの誤食を未然に防ぎましょう

チョコレートを誤って食べてしまうという事態は、非常に多いです。

良くあるのは、テーブルの上のチョコレートを食べてしまうといったケースです。

ワンちゃんに辛い思いをしないように、飼い主が対策をしっかりとってあげるようにしましょう。

チョコレートは冷蔵庫へ保存したり、散歩中の広い食い癖を徹底的に直すようしつけたり、といった対策は必ずするようにしましょう。

来客時にはお客さんに理解してもらうことも大切です。

ワンちゃんに対する知識が浅い人の場合や、特に小さな子供などは誤って出されたお菓子を与えてしまう場合もあります。

前もって注意をしておいてあげると、ワンちゃんも飼い主もお客さんも安心です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

チョコレートはワンちゃんに絶対に与えてはいけないということが分かりました。

少量では問題はありませんが、ワンちゃんにも個体差があるので確実に大丈夫だとは言い切れません。

万が一誤食してしまった場合は、すぐに病院へ連れて行ってあげてください。

スポンサーリンク