ひげ猫

要するに心臓の弁が上手く機能しなくなる病気です。キャバリアに多いらしいですね。

ハデ猫

多額の手術費を支払うか、病気を受け入れてワンチャンを飼育するか選択が迫られますね

愛犬が息切れをする事は増えて、運動をすると息苦しそうな仕草をするなどありませんか?

単ある加齢と考える事が出来ない症状が見られた時は犬の僧帽弁閉鎖不全症という病気の可能性を考えてあげましょう。

この病気は心臓で本来機能するはずの弁の機能が不調を来たし正常に血液を循環させる事が出来なくなる病気です。

加齢とともに発症率が高まる傾向にありますが、キャバリアは幼少の頃から発症するケースが目立つ要観察と言えます。

■犬の僧帽弁閉鎖不全症の発症の仕組み

犬の僧帽弁閉鎖不全症という病気は、心臓の4つの部屋を区分する弁の働きが異常をきたす、本来の血流が維持されないこと、逆流を起こしてしまう病気です。

病名にある僧帽弁とは左心室と左心房とを区切っている2枚の薄い弁の名称です。

この弁が不調をきたすことで病気として発症します。

この僧帽弁は本来血流に応じて開閉し、心臓内に血液を貯めたり、循環させたりという役割を果たしますが、不調をきたすと閉じるべき時に閉じず、開くべき時に開かないというトラブルが起きます。

心臓は体内に血液を循環させる為にポンプの役割を果たしていますから、このポンプが故障する事で体内の血液循環に不調が生じるという事は、身体に大きな影響を及ぼします。

この症状が起きているときに動物病院で精密検査を受けると逆流している事で雑音が聞えるので診断が可能です。

ただし不調にも度合いがあり発症をしていても或る程度の運動制限を設ければ日常生活が可能な軽度な症状もあれば、日常的に失神や貧血を頻発してしまう重度な症状もあります

この病気は小型犬、高齢犬に多く見られるので不調や異変を感じた場合はすぐに動物病院を受診しましょう。

スポンサーリンク

■愛犬が僧帽弁閉鎖不全症を発症した時の症状

愛犬が僧帽弁閉鎖不全症を発症しているときの初期症状は

①散歩に出かけるのを嫌がる
②元気がない、昼寝の時間が多くなる
③咳をする
④日常生活の些細な行動でも息切れをする
⑤手や肢の先が冷たくなる事が多い
⑥息苦しそうに発作をおこす

などです。

これらの症状は老犬であれば日常的にみられる症状でなかなか心臓の病気と関連づけて考える事も難しいでしょう。

しかし病気は早期発見早期治療が第一です。

①実年齢より体力の低下が早い
②咳が長引き、なかなか治らない
③食欲が減退している
④体重が減少している
⑤ぐったりと体を横たえている
⑥ハウス中に籠る時間が増えた

などの変化が気になる時もまずは動物病院で検査を受けましょう。

僧帽弁閉鎖不全症を発症している場合、心臓内で血液の逆流現象が起こっているので、聴診器の簡易的な検査でも異常を発見出来る事もあります。

動物病院の検査は費用が高額な上に、結果が明確に出ない、病気を見つける事が出来ない、保険の適用がないとつい躊躇してしまいがちです。

ただ簡易的な検査であればさほど費用も時間もかからないので、まずは診察を受けましょう。

■犬の僧帽弁閉鎖不全症の治療法と必要な費用

僧帽弁閉鎖不全症は体の中で最も大切な臓器である心臓に関わる病気なので、治療の難易度が高く、治療費も他手術に比べ高額になります。

一般的な治療費の目安は

①病状診断の為の検査費用15000円程

(レントゲンやエコーを用いて弁の状態、逆流の有無を確認します。聴診器では見つける事の出来なかった小さな異常を発見出来たり、手術に向けた正確な情報の把握が出来ます。)

②心臓手術は80~100万円
③術後の経過観察、状態に維持に年間100万円程

となります。

心臓に関わる病気ですから他病気も併発をしている場合は合わせて治療が必要になるので、治療費はさらに高額になります。

手術は非常に難易度が高く、所要時間も長くなります。

場合によっては大学病院や専門病院の紹介を受ける必要もあります。

また術後には定期的な診察、処置を受ける必要がありそれらの費用も100万円前後かかると言われています。

またこの病気はキャバリアの発症率が他犬種に比べ格段と高い事も特徴です。

キャバリアの中には生後間もない時点ですでに簡易検査で見つける事が出来る程に症状が進行しているケースもあります。

先天性の疾患や遺伝が原因ですが、ペットショップで子犬を購入するときにこの病気を販売者側が把握していないケースも少なくありません。

キャバリアの子犬を購入するときは、このような先天性疾患の発症率が高い事を承知したうえで、販売前の健康診断の結果などを確認する必要があります。

キャバリア以外にも小型犬の場合、子犬の時期からこの病気を発症している事もあるので購入前に確認が必要です。

特に活発な気質の犬種を家族に迎える場合、この持病があることで日常生活において運動制限が必要になった時、家族も犬自身もストレスを感じる事が多く何かと扱い方に悩むことでしょう。

■僧帽弁閉鎖不全症の手術をしないという選択肢

僧帽弁閉鎖不全症という病気は高度な手術を受ける事である程度の回復が見られる病気です。

しかし心臓の機能不全という仕組みですから、手術をしたからといって元の機能が回復するわけではなく、対処法を講じるという仕組みです。

ただ非常に治療費が高額な上に、近隣の動物病院で安易に施術が出来る内容でもありません。

このような様々な理由から、僧帽弁閉鎖不全症の手術をしないという選択肢もあります。

動物病院によっては症状の程度から判断しあえて手術をせずに家庭での療養を進めていることもあります。

家庭での療養を選択した場合は

①愛犬に過度な興奮をさせない

小さな子どもと激しく遊ぶ、興奮しすぎるような遊びをさせない、無駄吠えなど過度な興奮を起こさないようしつけをする

②激しい運動をさける

ドッグランを全力で疾走する、フリスビーをするなどの激しい運動をさせないようにすごさせる

③肥満に注意をする

適性体重の維持に努め、過度な肥満は早期に改善をする

④出産をさせない
妊娠、出産は母体の心臓に多大な負担を掛けます。

また僧帽弁閉鎖不全症が子犬に遺伝する可能性もあります。病気が判明した時点で早期に手術を済ませましょう

⑤トリミングやシャンプーは短時間で済ませる

シャンプーや長時間のカット作業が愛犬に過度な疲労を与え、心臓にも負担がかかります。

トリミングショップを利用するときは事前に心臓に疾患があることを伝え出来る限り短時間で作業を終えるように依頼しましょう。

自宅でシャンプーを済ませる場合も同様で所要時間を出来る限り短縮できるように工夫をしましょう

このように日常生活の中で、過度な興奮や過剰な運動を抑制し、出来るかぎり平穏に生活をする事を心掛けてあげると手術をせずとも生活をする事が出来ます。

ただしこのような平穏な生活の中でさえも失神や呼吸困難などの症状を頻発するようであれば、動物病院と相談の上専門的な治療が必要になります。

■愛犬が僧帽弁閉鎖不全症を発症した時に家族が心がける事

僧帽弁閉鎖不全症は先天的な要因、遺伝、加齢など様々な要因で発症します。

その為、発症後は無理をせずに上手に病気と付き合うことを常に心がけてあげる必要があります。

日常生活への配慮、興奮の抑制はもちろんですが、食生活にも配慮をし健康的な体形を保つ事も必要です。

運動制限をするからといって運動不足になってしまってはかえって不健康になります。

天気のいい日に家族と一緒にのんびりと散歩をする、庭で遊ぶ程度の運動は積極的に取り入れてあげましょう。

自力歩行では息が切れてしまう場合には犬用のカートを活用してお散歩をしてもよいでしょう。

留守番をさせる時は、留守中に過度な興奮をしてしまわないようにサークルを利用し、行動範囲の制限をしておくと安心です。

同様にペットホテルを利用する場合も預かり頭数が少ない、スタッフが常駐している、動物病院に併設されている施設を見つけておくと安心です。

犬の僧帽弁閉鎖不全症は上手に付き合うことで手術を回避する事も出来る病気です。

むやみに不安になる前に動物病院でしっかりと検査を受け、今後の生活について考えてみましょう。

スポンサーリンク