人間が普段口にしている食べ物は、ワンちゃんにとって毒であるということは、ほとんどの方がご存知かと思います。

今回は人間の味覚と犬の味覚にはどのような違いがあるのかに関する記事です。

この記事を読むことで「ドックフード選び」「ワンチャンのおやつ選び」に役に立つ知識をゲットできます!!

犬の味覚とは

人間の味覚には、味を感じる味蕾(みらい)の数が約1万個存在し、甘い・辛い・しょっぱい・すっぱい・苦いの5つの味を感じることができます。

舌の上には味覚地図と呼ばれる、どの部位でどの味を感じるかという感覚も明確であり、舌先では甘味、舌の脇では塩味や酸味、そして舌の奥では苦味を感じることができるのです。

その一方で、ワンちゃんの味蕾の数は人間の1/5程度の約2千個しか存在しないと言われています。

味覚地図も人間ほど確かなものではなく、舌のどの部分で味を感じているかは未だ解明されていないのです。

しかし、水に反応する特殊なセンサーのようなものが存在すると言われています。

スポンサーリンク

犬が感じる味覚

ワンちゃんの感じることができる味覚には、甘味・塩味・酸味・苦味です。
しかも、ワンちゃんの味覚は人間と比べると12倍も弱いということが分かっています。

犬の味の嗜好

ワンちゃんの一番発達している味覚は、甘味だと言われており、果糖や乳糖に強く反応します。

私の飼っているミニチュアダックスも、牛乳に対しての反応が凄いです。

特にワンちゃんが大好きなのが、アイスクリームやクッキーなどのお菓子類です。

果物・焼き芋・パンなどにも目がありません。

「ちょうだい!ちょうだい!」と目をキラキラさせているワンちゃんも多いのではないでしょうか?
その他の味覚からも、ワンちゃんの嗜好が分かります。
順を追って見ていきましょう。

甘味

先程もご説明いたしましたが、ワンちゃんの舌には甘味に対する味蕾が多く、ワンちゃんにとって最も敏感に感知することができる味覚です。

ですので、アイスクリームやお菓子などといった甘い食べ物が好きなワンちゃんが多いはずです。

また、ワンちゃんが感じる甘味には砂糖のような甘さだけではなく、肉類に含まれているアミノ酸なども感じるとされています。

酸味

甘味ほどではありませんが、比較的強く感じる味覚の一つです。

食べ物のの腐敗の程度を調べたりします。
ですので、ワンちゃんは一般的には柑橘類、レモンなどが苦手なようです。

塩味

味覚を感じる面積が狭いため、塩味はほとんど感じることができません。

市販されていつおやつの中にも、少量の塩分を含んだものがありますが、実際はあまり感じられていないのです。

これは、オオカミだった頃、野生で狩りをしていたときに獲物の血や肉から十分な塩分を摂取することができたということが関係しています。

従来は塩分が不足するということはあまりなかったので、ワンちゃんがあまり塩分を必要としない身体へと進化し、味覚が発達しなかったのではないかと言われています。

苦味

塩味と同じように、ほとんど感じることができません。

自然界で「苦い」と感じるものには有毒性があることが多いため、少しでも苦味を感じた時は吐き出す習性があるようです。

食べられるものなのかを見分ける

ワンちゃんは腐敗物を嗅ぎ分けるため、甘味の次に酸味が発達しています。

その反面、猟銃生活を送ってきた犬は塩味に鈍感だということも分かっています。

これは、受容体が欠けている傾向にあるようで、苦味になるとほとんど感じ取れないとも言われています。

匂いは二の次?

食べ始める前は、味よりも匂いのほうが大切なようですが、一旦食べ始めてしまうと全てがが口の中の味蕾細胞と触感受容体に負けてしまい、匂いは二の次となってしまいます。

ワンちゃんは一点集中型なのですね。
なんとも愛くるしいです。

人間と犬の味覚に差があるのはなぜ?

人間と犬の味覚には、感度や感じられる味の種類に違いがあることが分かりました。
これにはきちんとした理由があります。

もともと、人の唾液には消化酵素が含まれており、口の中に食べ物を入れた段階から消化をすることができます。

喉に詰まらせないよう、しっかりと咀嚼(そしゃく)してから飲み込む必要があるので、必然的に口の中で食べ物を味わう時間が他の動物よりも長くなります。

その結果、味覚が発達していったのではないかと言われています。

ワンちゃんの場合は、唾液に消化酵素が含まれておらず、口は食べ物を飲み込める大きさにして胃へと流し込むという役割にすぎません。

うちのミニチュアダックスも、食べ物を丸飲みして私を驚かしておりますが、これはワンちゃんにとってみたらごく普通の行動なのです。

したがって、犬の場合は口内で食べ物を味わるという必要性が無く、人間のように味覚の発達が施されなかったのではないか、と考えられています。

最後に

いかがでしたでしょうか。
ワンちゃんに与えてはいけない人間用の食べ物があるぐらいなので、味覚が違うということはなんとなく分かってはいましたが、ここまで違いがあったとは驚きですね。

これの知識は、ドッグフード選びやおやつ選びなどに役立つのではないでしょうか。
是非、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク