人間でも口内炎になることがありますよね猫も同様です。

猫の口内炎ですが、一体どのような症状なのか、予防方法や治療方法を紹介します

猫の口内炎とは

口内炎とは、口の中の粘膜に炎症や潰瘍などができてしまう病気です。
人間も免疫が低下したりするとなりやすい口内炎ですが、猫の場合は「痛い」と自ら訴えることができず、発見が遅れて深刻化してしまうこともあるのです。

猫の口内炎の種類

猫の口内炎には、主に2つの種類があります。

系統性口内炎

他の病気で免疫力が低下していたり、ビタミン不足になっている場合に起こる一時的な口内炎です。
この系統性口内炎は、体調不良や栄養不足の時に起こりやすい一時的なものではありますが、放置していると悪化してしまう場合もありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

潰瘍性口内炎

慢性的になってしまう口内炎で、治すことが困難だと言われています。
この口内炎は原因不明な厄介な病気で、「難治性口内炎」「慢性口内炎」などとも呼ばれています。
原因の一つとして、免疫力が弱っているときに口の中に傷ができ、そこに細菌が入って発症してしまうのではないかと考えられています。

潰瘍性口内炎は広範囲で潰瘍ができるため、症状が分かりやすく発見もしやすいです。
猫が自分で口の中を傷つけてしまっている場合は、抜歯をすることもあるようです。

猫の口内炎の症状

猫にとって口内炎は実に悩ましいものです。
口を開けるだけで痛みが生じるため、あくびやグルーミングをほとんどしなくなります。

また、ご飯を食べることができず、水や唾液も飲み込めなくなってしまい、息をすることも困難になってしまうこともあるのです。

そのため、日に日に痩せていってしまい、身体が衰弱していきます。
脱水症状や低酸素症、腎不全や肝不全などで命に関わることもある程です。

危険な状態に陥ってしまう前に気が付けるよう、初期症状を把握しておきましょう。

主な初期症状

口内炎の初期症状には、

口臭
口の中が赤くなる

があります。

更に進行すると、
口臭がきつくなる
血が混じったヨダレが出る
ヨダレで口の周りが汚れる
口を痛がり、口の周りを引っ掻く
食事を食べなくなる(痛みで食べられない・水が飲めない)
のどや舌、口の中が赤く腫れる・ただれる

といった症状が現れます。

進行するとこれだけの症状が現れますので、次第に元気がなくなってきます。
痛みがあるためにご飯を食べなくなってしまったり、水を飲まなくなってしまっては、かなり危険な状態です。

ここまでの行動が見られると、かなりの傷みを伴っていることになります。
すぐに病院へ連れて行き、治療を開始したほうが良いでしょう。

猫の口内炎の治療方法

口内炎が他の病気と弊害だった場合は、一時的な口内炎であることがほとんどですので、そちらの治療が優先されます。
ですが、それ以外の口内炎の場合は、完治が難しいと言われています。

口内炎に対する特効薬はないので、口の中の細菌を減らしたり、原因となる傷を取り除くという治療方法しかないのです。
今回は、そのいくつかの方法をご紹介いたします。

薬物投与

細菌を抑える抗菌薬や、炎症を静める抗炎症薬などを投与し治療をします。
その一方で、薬物投与はあまり効果がないとも言われています。

薬を長期間使用することは、副作用が出たり効果が薄れたりするデメリットもありますので、獣医師とよく相談して合う薬を見つけてください。

レーザー治療

レーザーを使用し、口内炎を焼いてしまうという方法です。
症状がひどい際にはこのレーザー治療を用いることが多いそうです。

ですが、レーザー治療をしても口内炎が再発することもあり、何回も治療を行わなければならない場合もあります。
また、この治療を行う際には、全身麻酔をかけなくてはなりません。

猫ちゃんの負担を考えてレーザー治療を行わない飼い主さんも多いのが実情です。

歯石の除去

口内炎が起こる原因の一つに、歯垢や歯石が溜まってしまって口内に細菌がたくさんいるということが挙げられます。

口臭がひどい場合には歯石が溜まっていることが多いため、歯石除去は有効的です。
動物病院での歯石除去は、全身麻酔を使って施術を行います。

猫ちゃんへの負担や費用を考えると悩みどころですが、年老いてからの歯石除去は体力の関係で断られてしまうこともあるため、若いうちに施術を受けておくことも考えてみても良いかと思います。

猫の口内炎の予防

猫の口内炎は人間に比べて重病であることが分かりましたが、予防をすることはできるのでしょうか。

口内を清潔に保つことが大切

基本的には、口の中を清潔に保つことが大切です。
その為には、歯石予防ができるフードを利用したり、マウスケア用品を使用するなどして、普段から細菌を増やさないように気を付けることが重要となってきます。
これらは毎日使って効果が表れるものですので、継続的に使用していくことが大切です。

最後に

猫の口内炎は、完治が難しいということが発覚しました。

人間ではすぐに治るような病気ではありますが、猫にとっては深刻な病なのです。

口内炎かもしれない、その疑いがあるといった際には、速やかに病院で診察してもらうよ

スポンサーリンク