のかかる病気の中で最も多いとされている結膜炎(けつまくえん)。
なかなか治りにくく、治療が長引いたり慢性化してしまったたりすることが多いです。

今回は、結膜炎の原因や症状、治療方法などをご紹介いたします。

この記事を読むことによって

・愛ネコがいざという時におちついて対処できる
・愛ネコの症状が結膜炎なのか判断できるようになります

結膜炎とは

結膜炎は、まぶたの裏側にある結膜が炎症を起こす眼の病気です。

結膜炎にかかってしまうと、涙や目やにが出て、酷い場合にはまぶたが閉じて開かなくなってしまう場合もある恐ろしい病気です。

結膜炎の原因となるのは、ウイルス感染やクラミジア感染によるものです。

その他には、アレルギーや角膜炎、異物やホコリなどから発症することもあります。

スポンサーリンク

結膜炎の症状

結膜炎の主な症状は以下の通りです。

目が充血する
赤く腫れている
白目が充血する
まばたきが多くなる
涙が多くなる
眼球が腫れてやや大きくなる
前足で目をこすろうとする
床や壁に目をこすりつける
くしゃみや鼻水が出る

このような行動や症状が見られたら、結膜炎を疑ったほうが良いでしょう。

これらの症状を放置してしまうと、眼球と結膜がくっついてしまいまぶたが開かなくなってしまうという最悪な状況となってしまう場合があります。

こうなってしまうと、手術をしなければなりません。
猫ちゃんの負担を考え、様子がおかしいと感じた際は早急に病院に連れて行き、治療を開始するようにしましょう。

結膜炎になってしまう原因

猫が結膜炎になってしまう原因は、ウイルス疾患がほとんどです。

猫ウイルス性鼻気管炎
猫カリシウイルス感染症
猫クラミジア感染症

などといった、一般的に「猫風邪」と言われるものにかかってしまい、結膜炎を発症してしまうのです。
その他に考えられるのは、目にゴミやホコリなどの異物が混入してしまい、結膜や角膜が傷ついて発症するケースもあります。

花粉やハウスダストなどのアレルギーの場合もありますので、ご自宅の掃除はこまめに行ったほうが良さそうですね。
または、元々抱えていた疾患によって発症してしまうこともあります。

具体的には、角膜炎・ドライアイ・流涙症・ブドウ膜炎・緑内障・副鼻腔炎などが挙げられます。

結膜炎の予防

このような症状に愛猫が悩まされてしまうと思うと、どうにか未然に防いであげたいと思うはずです。

結膜炎を引き起こさないためには、ワクチン接種をきちんと行うことが大切になります。

また、ウイルス感染を防ぐためには室内飼いが有効です。

野良猫からウイルスを貰ってしまう場合がありますので、気を付けてあげると良いでしょう。

飼い主さんも、他の猫を触った後には手を良く消毒するなどをして、予防対策をしっかり行うと確実です。

角膜炎の治療とは

気を付けていても病気を発症してしまうこともあります。

その場合、猫の結膜炎の治療にはどのような方法があるのでしょうか。

目薬や塗り薬

炎症を抑えるために、目薬や塗り薬を処方されます。
内側からゆっくりとまぶたを開いてあげ、お薬を使ってあげてください。

洗浄

眼の周辺をホウ酸水などで洗浄し、清潔に保ちます。

眼の周辺の毛をカットする

結膜炎を引き起こす原因に、被毛が眼に入って炎症を起こしている場合があります。

その場合は、その周辺の毛をカットして、引き続き炎症が起こることを防ぎます。

エリザベスカラー

猫がどうしても眼をこすってしまう場合は、エリザベスカラーが有効です。
これは、万が一引っ搔いて傷つけてしまうことを防ぐこともできるので、おすすめです。

感染症治療
細菌やウイルスが原因の場合は、根本的な原因を取り除いてあげましょう。

一度治ったように見えてもウイルスを保有したままの状態であることもあり、その場合は繰り返し発症して猫ちゃんを苦しめてしまうことになります。
ですので、しっかりと治療を行うことが肝心になります。

この他に、食欲が落ちている場合などは輸血や栄養剤の投与をすることもあります。
何にせよ、結膜炎の疑いがある際は、早めに病院で診察してもらい、適切な治療を受けることが第一だと言えるでしょう。

早ければ1~2週間ほどで症状が和らぎます。
ですが、重症化している場合は治療が長引いてしまうこともあるでしょう。
途中で治療を辞めてしまうと症状が慢性化してしまい、何度も繰り返し発症してしまうことも考えられます。
そうならないためにも、きちんと病気の根源を治療してあげるようにしてくださいね。

結膜炎の治療費

気になる治療費の目安は、以下を参考にして下さい。

注射の場合

1500円~3000円
目薬

1000円~2000円
飲み薬

1200円~2000円
エリザベスカラー

1000円~2000円

洗眼などの処置
500円~1000円

ウイルス性の結膜炎の場合は、週に2~3度の注射が必要なことがあります。
または、目薬だけの場合もあります。
猫ちゃんの症状によって治療法は異なりますので、まずは病院に連れて行って診察を受けてみましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

猫に多く見られる結膜炎は、未然に防ぐことが可能だということも分かりましたね。

その為には正しく予防接種をし、野良猫との接触を控えたほうが良いでしょう。
そして、結膜炎になってしまった場合には速やかに治療を開始しましょう。
軽症であれば短期間で治すことができます。

炎症に苦しむ猫ちゃんを、一刻も早く救ってあげられるのは飼い主だけです。
未然に防げればそれに越したことはありませんが、なってしまう時はなってしまうもの。

放置することはしないで、医師に相談することをおすすめします。

スポンサーリンク