を飼う場合、必要最低限のしつけが必要となってきます。

適切な共同生活を送れるよう、猫へしつけておいたほうが良い最低限のしつけやその方法をご紹介します。

この記事を読むことによって

・愛ネコのしつけが必要なのか不安が解消されます
・初めて猫を飼う方でも最低限のしつけのラインがわかって安心できます。

猫は犬とは違う

猫のしつけは、犬のしつけとは別物だとお考え下さい。
猫の学習能力は、犬より若干劣っています。

そのため、犬のしつけ方法で猫をしつけようとしても、上手くいかないことが多くあるのです。
猫をしつける際には、犬よりも時間と労力が必要になることを、予め知っておくと良いかもしれません。

スポンサーリンク

最低限覚えさせたいこと!

しかしながら、しつけに時間がかかる場合がありますが、猫にも学習する力はあります。
猫を飼い始めたら、まずは生活に欠かせない最低限のしつけをしてあげましょう。
これを覚えてしまえば、人間はもちろん猫自身もストレス無く快適に過ごすことができます。

トイレのしつけ

トイレ以外の場所で粗相をしてしまうと、その度に掃除をしなければならなくなります。
何より不衛生で良くありませんので、トイレのしつけは真っ先に教えるべきことだと言えるでしょう。
トイレのしつけ方法は至って簡単です。

猫のトイレのサインを確認し、その度にトイレへ連れて行くだけで場所を覚えてくれます。
猫はきれい好きな生き物ですので、比較的簡単にしつけることができるでしょう。

爪とぎのしつけ

猫の爪とぎをする一番の目的は、爪を整えるためです。
これは、獲物を捕まえるため、身を守るために行っています。

そして二番目の目的は、マーキングです。
自分のテリトリーを示すことや、肉球辺りからフェロモンをこすりつけているのです。
爪とぎは猫の習性ですので、辞めさせることはできません。

ですので、爪とぎの場所を確保してあげましょう。

市販で売っている爪とぎ器や、古くなったカーペットの切れ端などを準備してください。
猫が爪をとぐような態勢を見せたら、すかさず爪とぎ場所へ連れて行きます。

それを数回繰り返し、気に入ったものならばすぐにそこで爪とぎを始めるようになります。
違う場所で爪とぎをしてしまった場合は、「ダメ」と大きな声で言い、一旦辞めさせてから正しい爪とぎ場所へ連れて行くようにしましょう。
また、こまめに爪を切ってあげることも大切です。

食べ物のしつけ

猫には人間の食べ物を与えてはいけません。

しかし、猫にはそれが分からず、いい匂いがすれば食べたくなってしまいます。
猫がおねだりしてくる場合もあるでしょう。

膝の上に載って甘えてきたとしても、人が口にする食べ物は決して与えないようにしましょう。
それを徹底すれば、自然と猫自身が覚えていきます。
そして、猫が届くような場所に食べ物を置かないことも大切です。

ハウスのしつけ

猫用のキャリーバッグやゲージに慣れさせましょう。
これを覚えてもらえば、散歩や定期健診、外出時などに大変役に立ちます。

初めは警戒するかもしれませんが、中におもちゃやおやつを入れておいたり、普段から入るようにしておくと良いです。
キャリーバッグやゲージの中は楽しいことが起こる場所だと記憶させておくと、スムーズにしつけを行えるようになります。

噛み癖のしつけ

じゃれていることもありますが、飼い主が歩いただけで足に噛みついてくることがあります。
それは狩猟本能が出てしまっているようなときに見られるそうです。
また、撫ですぎて怒って噛みつかれることもあります。

そんな時は、大きな声で「痛い!」などと声を上げてみましょう。
動物は大きな音に敏感です。
噛んだらダメなんだということを、猫に覚えさせることが肝心です。
この時、決して手を上げてはいけません。

怯えてしまい、逆効果となってしまうこともあるからです。

猫へのしかり方

猫は、しかってもあまり理解していないと言われています。
ですので、叩いて怒るというようなことは辞めましょう。

問題のある行動をした際には、「ダメ!」と短い言葉を大きな声で聞かせたほうが効果的です。

猫を驚かせることが、問題行動をやめさせる方法です。
鼻をピンとはじくなど、軽い行動で一瞬驚かせる程度に留めましょう。
この方法を上手く利用し、しつけを行うと良いでしょう。

猫の褒め方

猫は単独で行動するため、社交性が低い動物です。
そのため、ほめて育てるといったしつけ方法に効果が期待できません。

ですが、快感をもらたすごほうびがいくつかありますのでご紹介します。

なでる
グルーミング
エサ・おやつを与える
遊んであげる

これらを上手に使って、「正しい行動ができたから褒められた」という事実を覚えさせていくと良いかもしれません。

最後に

それ故にしつけに時間がかかってしまうのですが、めげずに継続すれば自然と覚えてくれますのでご安心ください。

何より猫はきれい好きな動物で有名ですし、人間と共同生活をすることへの順応性もあります。

しつけは大変かもしれませんが、飼い主さんも猫もそれぞれのペースで、焦らずに一つ一つをクリアしていきましょう。
どうか皆さんが、楽しい共同生活を送れますように。

スポンサーリンク