人が老いると発症してしまう認知症。
近年では若年性認知症という言葉も良く耳にするようになりました。
本日は、そんな猫の認知症の原因・症状・予防法治療法についてご紹介したいと思います。

この記事を読むメリットは

・愛ネコを認知症にしないための事前の予防策が勉強できます。
・愛ネコの症状が認知症なのか判断できるようになります。

猫の認知症とは

認知症とは、脳の老化などによって脳神経細胞が正常に働かなくなってしまい、認知障害が起こる症状のことを言います。

猫の場合は、15歳以上になると発症しやすいというデータがあります。

猫の認知症の症状

主な症状は、

粗相・失禁をしてしまう
同じところをぐるぐる回る
呼びかけに反応をしなくなる
何事にも無反応になる
狭い所に入って出られなくなる
食欲が以上に出る
大きな声で鳴いてばかりいる
夜鳴きをするようになる
攻撃的になる

などが挙げられます。

それまで当たり前に行えていたことが、できなくなってしまったり、異常な行動が見られるようになるのです。

初期症状では、トイレの失敗が一番分かりやすいかと思われます。

いつもはトイレを正しく行っていた猫が、頻繁に粗相をするようになったり、異常な行動をとるようになった際には、認知症を警戒したほうが良いでしょう。

また、飼い主の呼びかけに反応をしなくなったり鈍くなったり、同じところを永遠とぐるぐる回っているといった行動が見られたら、認知症の疑いが強まります。

歳を取ると病気は避けては通ることができません。
それは、猫に限らず人間も同じですね。
愛猫ちゃんが老いてきたら、行動をよく観察してあげるようにしましょう。

猫の認知症の原因とは

猫が認知症を発症してしまう原因には、一体どのようなことが挙げられるのでしょうか。
認知症の詳しいメカニズムは解明されていないのですが、猫も人間と同じように、主な原因は加齢にあると考えられています。

近年では完全な室内飼育が増え、安全な生活環境で暮らすことができるようになった為、猫の寿命は伸びて高齢化が進んでいます。

スポンサーリンク

以前はさほど目立った病気でなかった猫の認知症ですが、猫の高齢化と共に増加へと繋がっていると考えられます。

また、極度のストレスをさらされ続けることによって、認知症を発症してしまうケースもあります。
高齢ではない猫ちゃんが認知症の疑いがある行動をし始めたら、環境を今一度振り返って考えてみてあげてください。

認知症は非常に厄介な病気です。

シニアの猫ちゃんを飼われている方は、このような病気があることを理解し、認知症の予防や治療法を把握しておくことも大切かと思われます。

猫の認知症予防

では、猫の認知症を予防するためにはどのような対策をしていったら良いのでしょうか。
認知症予防には、

運動
コミュニケーション
食事療法

などがあります。

運動は猫の身体と心に活力を与える効果があります。
運動をさせてあげることで脳が活発に動くため、認知症になりにくくなるのです。

また、一緒に遊んであげることでコミュニケーションを取ることができ、これらも脳の活性化を施す役割があります。
そして、食事療法も重要な効果があります。

ナトリウムやリン、たんぱく質の過剰摂取を避け、猫ちゃんに合った適切なカロリー管理をすることで、認知症を発症するリスクを軽減させることができます。

日頃から猫ちゃんとコミュニケーションをとり、健康を考慮した食事を与えてあげることが大切なのです。

そして、とても大切なのは猫ちゃんの生活環境の見直しです。
猫は神経質な生き物ですので、少しのことでもストレスを感じてしまいます。

人間でも同じことが言えるかと思いますが、ストレスは心はもちろんですが身体にも悪影響を及ばせます。

ですので、愛猫ちゃんが快適に過ごせるような環境づくりや、日頃の運動・コミュニケーションを振り返り、見直してあげることも予防の一つだと言えるのではないでしょうか。

猫の認知症の治療方法

とは言うものの、いくら気を付けていても発症するかしないかは神様にしか分からないことです。
「しっかり面倒を見てあげてなかったから」だと、ご自分を責めないでくださいね。

シニア猫の場合は、認知症と同じ症状が現れる他の疾患の場合があるため、血液検査・各種検査をし、他の病気の可能性を探ります。
そして、何も異常が見当たらなかった場合に初めて、認知症の可能性が高いということになります。

認知症に特効薬は無いのが現状ではありますが、痴呆改善薬と呼ばれる薬があります。
この痴呆改善薬は、症状の進行速度を低減させてくれたり、緩和してくれる効果があります。

他にも、サプリメントや抗酸化作用のある食事を与えるといった方法があります。
これらは猫ちゃんの認知症による負担を和らげてくれるものですので、認知症の疑いが見受けられたらすぐに医師に相談してみましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

猫の認知症は人間と同様で、加齢やストレスが原因だと考えられています。
それを回避するためには、日頃から健康を考えてあげることが、何よりも大切だということがお分かりいただけたかと思います。
歳を取っていくのは生き物が故、仕方のないことです。
こういった病気があることを理解し、猫ちゃんへの配慮を忘れないようにしてあげてくださいね。

スポンサーリンク