がかかる病気で、リンパ腫というものがあります。
これかいわゆる猫の癌のことです。

今回は、猫の癌であるリンパ腫の原因治療法や予防法に関してです。

この記事を読むメリットは

・愛ネコがリンパ腫にかかったもしもの場合に、何をするべきなのか判断できるようになります
・愛ネコをリンパ腫にならせないように事前の対策が理解できるようになります。

猫のリンパ腫とは

先程も説明した通り、リンパ腫とは癌のことです。
リンパ球と呼ばれる白血球の一種が癌化してしまう病気のことを言います。

実は猫の場合、造血系の腫瘍の中でリンパ腫が最も多く認められているほどなのです。
そして、その半数以上に猫白血病ウイルスの感染が見られます。
猫のリンパ腫は、命に関わる重大な病なのです。

猫のリンパ腫は3種類に分けられる

リンパ腫のタイプは、腫瘍ができる部位によって分類されます。
そして、その症状も様々なのです。
今回は猫に発症しやすい3タイプを挙げていきます。

スポンサーリンク

縦隔型リンパ腫

胸腔の胸腺や縦隔リンパ節に腫癌が発生し、胸水が溜まってしまうというリンパ腫です。
この病気は、猫白血病ウイルス陽性の若齢の猫に発症することが多くあります。

胸水のために、咳が出る・呼吸が苦しそう・チアノーゼなどの呼吸器に症状が現れます。
その他に、元気がなくなったり、食欲が低下して体重が減る、下痢や嘔吐といった症状が起こることがあります。

消化管型リンパ腫

腸管や腸間膜のリンパ節に腫癌ができるものです。
これはシニアの猫に多く見られるリンパ腫で、主な症状は下痢や嘔吐などの消化器官症状、食欲や体重の低下などが挙げられます。

リンパ腫が大きくなると、腸閉塞の原因となってしまうケースもあります。
また、腫瘍がある部分の腸管がもろくなって破れてしまうと、腹膜炎を併発してしまう恐れもあります。

中枢神経型リンパ腫

脊髄や脳などといった中枢神経系に腫癌ができてしまうリンパ腫です。
脊髄にできるリンパ腫は、通常であれば猫白血病ウイルス陽性の猫に多く見られます。

しかし、脳にできるリンパ腫は猫白血病ウイルスが陰性であっても見られます。
主な症状は、不全麻痺や完全麻痺、運動失調、てんかん発作などに加え、性格の変化や知覚過敏といった神経系の症状が見られます。

猫のリンパ腫が発症する主な原因

多くの場合は、猫白血病ウイルスの感染が原因です。

しかし、猫白血病ウイルスに感染していなくてもリンパ腫を発症してしまうケースもあり、その場合の原因は未だ解明されていません。

猫のリンパ腫を予防するには

リンパ腫の予防をするには、その発症の原因となっている猫白血病ウイルスに感染しないようにすることが重要となってきます。

猫白血病ウイルス

猫白血病ウイルスの感染は、既に感染している猫とのケンカによる咬傷感染です。

その他には、感染猫とのグルーミングや食器の共有などでも唾液を介して感染したり、母子感染の場合もあります。

これらの感染を防ぐためには、予防接種を受けていない野良猫との接触を控えるために室内飼いで防止することと、ワクチン接種を適切に行うことが大切です。

猫のリンパ腫の治療

リンパ腫の治療には、主に抗がん剤を使用した化学療法が行われます。
中枢神経型リンパ腫では放射線療法を併用することもあります。

この他に、胸水が原因で呼吸が困難となっている場合は、胸水を取り除くなどの対症療法も行われます。

副作用に注意しましょう

猫の抗がん剤治療も人間と同じように、かなり強力な薬剤が使われるため副作用は無視できません。

注意していただきたいのは、治療をすることばかりに夢中になってしまって、猫の限界を超えるようなことになってはいけないということです。

ただでさえ衰弱している身体に抗がん剤治療をとなると、猫の体調が心配です。
飼い主さんは、猫の体調の変化を見逃さないようにしてあげましょう。

治療を行う上で副作用は避けては通れないものですが、サプリメントや食事療法によって副作用を軽減させることができます。

医師と良く相談しながら治療を進めましょう

リンパ腫の治療は長期に渡ることがほとんどですので、猫ちゃんのことを十分に配慮し、医師と良く相談をしながら治療をしていってください。

病院や医師によって様々な考え方がありますので、飼い主さんや猫ちゃんに適正な治療を施してくれる病院を探すのも一つの案です。

最後に

猫のリンパ腫はとても重い病気だということが分かりましたね。
その原因には、猫白血病ウイルスに感染しないようにすることが大切だということでした。

予防のためには、ワクチン接種を行っていない野良猫との接触は避けるようにし、愛猫ちゃんにも正しくワクチン接種を行うことが重要です。

また、万が一リンパ腫を発症してしまった場合は、治療法に抗がん剤が使用されますので、副作用から逃れることができません。
最愛の猫ちゃんの様子を良く観察するようにし、無理のない程度で治療を進めていくことをお勧めします。

スポンサーリンク