ペットとしてメジャーになってきたうさぎ。

そんなうさぎですが、犬や猫などの他の動物に比べて、頭の良さはどうなのでしょうか?
今回は、うさぎの知能についてご紹介したいと思います。

この記事を読むことによって

・うさぎの知能が他の動物と比較してどれくらいかなのかわかります
・うさぎの知能を前提に人間に懐かせるための工夫を学べます

がわかります

肉食動物と草食動物の違い

動物は、ライオンやトラのような肉食動物と、シマウマやキリンのような草食動物の2種類に分けられます。
うさぎはその中でも草食動物に振り分けられています。
このことは誰もがご存知ですね。

一見、種別を定めるためのものだと思ってしまいますが、実は「肉食」か「草食」かの違いは、知能数にも関係があると言われているのです。

草食動物のほうが頭が悪い?

一般的には肉食動物のほうが草食動物よりも知能が高いと言われています。

その理由には、肉食動物と草食動物の本来の生活基盤にあります。
肉食動物は狩りをする生き物です。

逃げ回る動物を追いかけ、捕食しなければなりません。
その為には、効率よく狩りをする必要があります。

どのように狩りをして獲物を捕まえるかを考えなければならない為、思考が発達したと考えられています。
一方、草食動物の場合は、考えずとも目の前に常に食事が用意されており、いつでも食事をすることができるのです。
これらの違いによって、肉食動物のほうが草食動物よりも知能が勝っているという結論に至るわけです。

うさぎの知能数

では、具体的に数字で見ていきましょう。
目安として、人間から順番に他の動物の知能数からご紹介します。

人間・・・0.89
イルカ・・・0.64
チンパンジー・・・0.30
犬・・・0.14
猫・・・0.12

そして、気になるうさぎの知能数は、0.07となっています。
ペットとして定番の犬や猫に比べると、低いようです。

これは、先ほどご説明した肉食動物と草食動物の違いですね。
犬や猫の先祖は肉食動物なので、草食動物であるうさぎは必然的に知能数が低くなります。

うさぎの発達している知能

これだけを見ていると、「うさぎは頭が悪い」というマイナスイメージが大きくなってしまいますね。
しかし、うさぎにも肉食動物と同様に、ライフスタイルに起因して発達した部分があります。
それは、「条件反射」です。

うさぎの条件反射

条件反射とは、経験によって学習し、後天的に作られた反射のことです。

例えば、何か危険な目に合ったことがあるという経験から、「こうなると危ない」「危険を回避しなければならない」と身体が勝手に反応する、ということは人間にでもあることですね。

うさぎの場合は、敵に追いかけられて捕まってしまった場合は食べられてしまいます。
ですので、「追いかけられるような状況になったら、逃げなければいけない」という意識があるのです。

その考えが浮かぶ前に、身体が勝手に反応して逃げることができる、という訳です。
この条件反射により、うさぎはとても素早く走ることができるのですね。

うさぎは人に懐くのか?

知能が低いうさぎですが、犬や猫と同じように人に懐くものなのか気になりませんか?
一般的に、うさぎが人に懐くということは、犬や猫に比べてしまうと難しいでしょう。

しかし、うさぎは「音」や「匂い」に懐きます。
うさぎにとって音と匂いは重要な情報源です。

ですので、「この音(声)は飼い主さんだから、安全だ。」「この匂いは飼い主さんだから安全だ。」ということを認識させれば、うさぎは人に懐くと言えます。
うさぎに対して犬や猫と同じことを求めることは難しいですし、酷なことです。
飼い主さんは、うさぎの本来の習性を理解し、尊重して仲良くしてあげることが大切だと思います。

うさぎに慣れてもらうために

では、うさぎに懐いてもらうための豆知識をご紹介いたしましょう。

①声を覚えてもらいましょう。

ご飯やおやつを与える時、トイレの掃除やゲージの掃除の時など、とにかくたくさん声をかけてあげましょう。

これを幼いうちから行い、いろいろな音に慣れさせておくことで、「この音や声は安全だ。」とうさぎが覚えてくれます。

②匂いを覚えてもらいましょう。

うさぎの顔の前に手を出して、飼い主の匂いに慣れさせていきましょう。

いきなり手を出すと、びっくりして噛みついてくる子もいるかもしれませんので、様子を伺いながら行ってください。
声に慣れてきた頃には、匂いにも慣れてきているはずです。

うさぎも生活環境によっては知能が上がる?

知能が低いとされているうさぎですが、中には「名前を呼んだら近づいてくる」「足音や匂い・声などで誰が誰かを覚えている」などといったことも耳にします。

うさぎは犬と猫のように飼い慣らすことが難しいというのは一般論にしかすぎず、幼いころから一緒に暮らす中で環境に対応していくことができるのかもしれませんね。

最後に

いかがでしたでしょうか。
うさぎの知能数は犬や猫に比べると低いということが分かりました。
しかし、うさぎを飼っている方の中には「そうとは限らない」といった例も数多くあります。
うさぎ本来の習性を十分に理解した上で、可愛がりながら育ててあげてくださいね。

スポンサーリンク